鬼柚子でゆずジャムを作りました|薪ストーブクッキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

整体の患者様であるNさんから鬼柚子を頂いたので、はじめは玄関に飾り柚子の香りも楽しみました🍊

スポンサーリンク

柚子ジャムを薪ストーブで作ってみます

材料

鬼柚子 1個(約600g)

三温糖 150g~200g 我が家は150gで作りました。

レモン汁 小さじ1

お水 1カップ

柚子ジャムの作り方

鬼柚子は獅子柚子とも言われていますが、スケールで計ってみると1個で600gもあり大きいです(*‘∀‘)

入らなくなった歯ブラシで、柚子のくぼみに入った細かい汚れを洗っていきます。

はじめに皮と果実を4等分に切っていきます。皮についている綿もそのままにして使っていきますよ。

果実の方を2cm位の大きさに小さく切ります。

百香がジャムを自分で作ってみたいと言ったので、初めて挑戦していますよ👧種も出てくるので取っていきましょう。

皮を細く短冊状に切っていきます。

柚子の皮だけでボール一杯にもなりました($・・)/

沸騰したお湯で3分程温めます。

お湯を一度流して、鬼柚子の皮に着いた水を切っておきます。

鍋に皮を敷き詰めて、果実の上に三温糖を乗せていきます。

この満杯な量にびっくり(笑)

三温糖は鬼柚子600gに対して我が家では150gにしました☆ジャムにしては砂糖の使用量は少なめだと思いますが、鬼柚子1個でこのお鍋一杯になります(^^♪

柚子ジャムが完成しました

柚子ジャムが完成しました♬香も良いですよ🍊

薪ストーブでコトコト煮込んで6時間位、あんなに多かった柚子が凝縮されてジャムになってくれました(^^♪

ミッキーとミニーの瓶に詰めて完成です☆

柚子は実をそのまま食べると酸味が強いので、お風呂に浮かべて温まったり、香りを楽しむことも多いですが、ジャムにすれば酸味や苦みも取れて頂きやすくなるのも良いです。薪ストーブのおかげでじっくりコトコト6時間以上煮込むことが出来ました🍊

百香も初ジャム作りに活躍していけて満足そうでした👧我が家では毎朝頂くヨーグルトやパンにつけて食べようかと思います(*^▽^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする