ジェルキャンドル作りはダイソー百均で材料を揃えて手軽に作れます♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク

娘が通っている幡豆小学校も夏休みが明けて、登校が始まりました👧まだまだ酷暑ですが、娘が帰宅した後、お家で一緒に涼しさを感じるジェルキャンドルを作ってみましたよ☆

スポンサーリンク

ジェルキャンドルに必要な材料はダイソーや百均でも売っています♪

ジェルキャンドルに必要な材料

チューブ状になったゼリーキャンドル(クリア)チューブ状なので、必要な分量だけ出せて使えるので便利です☆

ゼリーキャンドル(ブルー)

白い砂 下に敷いてあげると海の雰囲気が出ます🌴

カラーサンド ダイソーでは3色の子袋に入ったカラーサンドもあり、使い勝手が良いと思います。使う瓶の大きさに応じて、何個か購入しておいても良いと思います。

ガラス細工の小物 こういったガラス細工の小物もダイソーに売っています☆

ジェルキャンドルを作る際にその他に必要なもの

・ジェリーキャンドルに使う瓶 ・・・これが無くては始まりません(^^♪

・ジェルを溶かす際に湯煎できる入れ物 耐熱のビーカーや小鍋等

・軍手

・貝殻や色のついたタイル

ジェルキャンドル作り工程①

瓶の中に砂や貝殻を配置していきます。小物を好きな位置に置く際には、ピンセットを使うと便利ですよ☆

グルーガンを使って貝殻とヤシの木をくっつけて見ました🌴

クマノミやカラーのタイルも入れてあげると、カラフルポップで楽しく表現できますね♪

ジェルキャンドル作り工程② ジェルを湯煎して溶かします。

ステンレスカップにゼリーキャンドルをチューブから絞り出して、水の入った鍋の中に入れて湯煎していきます。

温度が上がって溶けてくるとこのように透明になっていきます。この間何も混ぜずに溶けるのを待ちます。IHコンロ中火だと4分くらいでこの感じです。

ジェルキャンドル作り工程③ 瓶に溶かしたゼリーを流し込みます。

ステンレスの持ち手が熱くなっているので、厚い軍手や耐熱グローブを使って、ゼリーキャンドルを瓶に流し込んでいきます。この瞬間がワクワクしていきます(^^♪

大人が手伝ってあげると、火傷を防げて危なくないですね。

透明のゼリーキャンドルチューブ3本分を、瓶に流し込むとこのような感じになりました♪

続いてゼリーキャンドル(ブルー)も湯煎して流し込んでいきます。娘の希望で、層を2層にしていきたいと思います👧

透明なクリアゼリーとブルーのゼリーが2層になってくれて良い感じです☆

ジェルキャンドル完成です

百香も初めてお家で楽しく作れたジェルキャンドルに、満足な様子です👩

ゼリーを流し込み終わって1時間経ったら完成です☆

2020年は8月後半でも酷暑が続いていますが、お家でも手軽に作れて、涼し気なジェルキャンドルを、子供さん達と一緒に作ったりして、楽しんでみてはいかがでしょうか?

出来たジェルキャンドルは飾って置けるし、いざという時にろうそくに火を灯して使ったりすることも出来ますし、記念日などに、キャンドルを灯して癒しの時間を過ごしてみることも良いですね☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする