玄楼窯(西尾市鳥羽町)で窯焚きの炎を見学させて頂きました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

11月14日(土)の夜は、鳥羽町にある玄楼窯さんで、窯焚きの炎を見学させて頂きました🔥

スポンサーリンク

玄楼窯に薪をくべる作業ときれいな炎を見学しました

こちらの温度を感知する器械で、窯の内部の温度が分かるようになっているそうです。1,200度にも達する状態で、作品を作っていくんですね☆

玄楼窯での窯焚きは、1週間火を絶やさないように、燃料の薪を入れ続けながらされるそうで、ご主人の深谷さんも重労働の中、作業をなさっていました。

火の光量ってすごく明るいんです。初めて目の前で見学させて頂いて感じました(^^♪

窯焚きの燃料に使われるのは、松の木の薪です。

外にある煙突からも夜空に綺麗な炎が立ち上っていました🔥

深谷さんの息子さん達と、娘の百香も薪運びを手伝っています(笑)

娘と同級生で小学3年生のR君と4歳のG君も、お父さんをしっかりとお手伝いされて頼もしいです。

1週間の窯焚きでこちらのおよそ10トンほどの量の薪が使われるそうです。我が家で冬に薪ストーブで使う1シーズンの量とほぼ近いので、驚きです。

11月中旬になり、肌寒さも感じるようになってきているこの頃ですが、玄楼窯の周りは、炎の温かさに包まれているように感じました🔥

煙突から立ち上る炎と、夜空の星もたくさん見えて綺麗でしたよ☆

深谷さん、奥さん、貴重な時間を子供たちと一緒に楽しませて頂きまして、本当にありがとうございました♬ 1週間続けての窯焚きの作業大変ですが、お体にも気を付けて頑張ってください。これから出来上がる作品も楽しみですね(●^o^●)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする