G-LOG建築までの道のり|解体作業パート2

建築99さん4日間の解体作業ありがとうございました。丁寧で迅速な作業を目の当たりにさせて頂いて、解体作業ってこんなふうに進めていくんだと、とても勉強になりました。トルコ人の従業員の方たちも作業を丁寧に頑張ってくれていたので感謝です。ありがとうございます(●^o^●)

G-LOG建築までの道のりいよいよ家の解体作業が始まりました!

解体作業や建築作業を確認するための意味でも、工事期間中の仮住まいは、出来るだけ現場に近い場所が何かと便利です。もちろん引越しの際にも時間も短縮できるし助かりますよ。整体の診療の合間に、借家から300m離れた現場の様子を見にちょくちょく行っていました。借家は地元の不動産であるフカヤエステイトさんに仲介をしてもらいましたよ。

いよいよG-LOGを建築する前段階|解体作業2日前の様子

解体作業はどこの業者さんに頼んだらよいのか考えてしまいますよね。我が家の場合解体作業は3社でお見積もりをしたんですが、 「建築99」さん以外の2社はBESSの外注さんでした。「建築99」 さんは100万円と分かりやすい費用を提示し、見積してくださいました。もちろん説明や作業も丁寧でしたよ。 150万円と100万円の50万円の差って大きいですよね!どれも同条件でなんですよ。

我が家のログハウス建築日記

ログハウスの展示場に最初に行こうと思った訳は、2002年に私達が結婚する前の婚約当時、豊田市にあったビックフット(BESSの前身)でハンドヒューンタイプの大きな丸太のログハウスの印象が13年後も頭から離れずにいたことです。

幡豆小学校運動会がありました

みんなも娘も暑い中、体調に気を付けながら、10連休後の短い練習期間でも、ダンスや綱引き、台風の目、帽子取りと 一生懸命に練習をしていた成果がきちんと出ていた運動会だったと思います♪じいちゃんばあちゃんもとても良かったと喜んでくれていました。