25年保存可能な食品サバイバルフーズを実食しました♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんはサバイバルフーズってご存知ですか?

災害などで食料が手に入らなくなってしまった際、本当に困ってしまうことが想像されますよね。乾パンでは口の中の水分も取られるし、正直味もそれほど美味しく感じられないので何食も同じものが食べられるとは思わないし...

スポンサーリンク

サバイバルフーズは25年間の超長期保存が可能な非常食なんです

非常食の保存期間は一般的には3~5年というものが多いのですが、こちらのサバイバルフーズは25年間の超長期保存が可能な非常食です。初めて25年というものを眼にした時には大抵驚きますよね。

米国陸軍やNASAの宇宙食としても採用されているオレゴンフリーズドライ社の先端技術から生まれたサバイバルフーズの実食をいよいよ検証してみますね(^^♪

サバイバルフーズを開缶して調理します

上部の蓋を外すと、缶切りもついています。

今回開缶するものは2008年製のもので2033年まで賞味期限があります☆2008年製造からは12年経過していますが、本当に食べられるのかどうか、味はどうなのかも楽しみな点です。

1缶あたりの量は10食分に相当します。

缶切りで穴をあけたと同時に「プシュー」と音がしました。

高度なフリーズドライ加工で水分だけを極限まで(最大98%)除去している事と、脱酸素剤によって缶内の酸素を取り除き、確実な方法により缶を密封していることからこのような音がするんですね。

缶切りも使い終わったらコンパクトなものなので、取っておきたい備品になります☆

缶を開けると、中身はこのようになっています。調理前ですが、12年前の状態とは思えない見栄えです。

サバイバルフーズは調理が簡単

今回は1/3の量(180g)を使って調理してみます。

大缶1缶で2.4Lの水で調理できるので、1/3だと800mmlのお水を使います。

水を入れて沸騰させます。

沸騰させたら10分蒸らしておきます。

10分後にはもう出来上がりです♬ えっシチューなのにもうできちゃったの?

という声が聞こえてきそうです(笑)

調理というより沸騰させて待つだけなので、カップ麺のように手間がかかりませんよね。果たしてこんな簡単に作られるものが美味しいのかどうか後は味の方が気になります(*ノωノ)

サバイバルフーズを実食してみました

今日の朝食で頂きました(^^♪

色とりどりの野菜とチキンを煮込んだ、コクのあるチキンシチューです。じゃがいも、にんじん、グリンピースの甘さと旨みがあります☆

自分だったら災害食とは思わずに、7日間朝食で出され続けても飽きずに食べられると思いました。

日本人のシチューの感覚からしてみたら少し塩味を感じますが、災害や非常事態にあった際にミネラル不足では体調にも異変が起きてしまうかもですので、これで良いと思いました。

株式会社セイエンタプライズが永谷園と共同で国内生産しています

現在日本で販売されているサバイバルフーズは、2018年6月1日から開発・販売を日本の長期保存食市場のパイオニアとして約半世紀にわたり市場を牽引してきたセイエンタプライズが、国内屈指のフリーズドライ技術を持つ永谷園に委託して作られた、25年の超・長期保存が可能なクラッカーとフリーズドライ加工食品の備蓄食となっています。

セイエンタプライズのサバイバルフーズ公式のHPはこちらです

まとめ

非常食は乾パンやお粥、缶詰など3~5年保存のものが多いですが、その場合3~5年毎の買い替えが必要になると思います。25年保存可能なサバイバルフーズは買い替えの頻度が減らせるので、長い目で見ると購入コストを抑えられます。企業や公共の団体でも職員が買い替え作業に費やす時間や手間が減ることも大きなメリットではないでしょうか。

発災後にはまずは人命救助、そして瓦礫の撤去や片づけなど、しなければいけない事(復旧作業)が沢山ある状況かもしれません。災害時の食事には、美味しく調理できる簡単さと、少しでも調理時間を短くできることはありがたいものですよね。

後で知った余談になりますが、僕の中では伝説の雑誌となっている「暮らしの手帖」でもサバイバルフーズは、暮しの手帖(2001年12月~2002年1月号)の記事に『23年目のサバイバルフーズ。見た目もよく、味もおいしかった。』に掲載されているほどなんです。気になる方はこちらもご覧くださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする