くらがり渓谷で水遊びやシャワークライミングをして楽しみました♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

くらがり渓谷に到着しました

8月11日に家族でくらがり渓谷に行ってきました。西幡豆町の自宅から岡崎のくらがり渓谷まで車では1時間の距離になります🚙

朝9:20頃到着して300台ある大駐車場は半分以上埋まってきている状態でした🚙我が家は初めてくらがり渓谷を訪れましたが、愛知県の色々なところからくらがり渓谷には人が集まるんだなと感じます。

空の青さは清々しいですが、この日は36℃になる真夏の暑さです💦

くらがり渓谷の歩道は森林浴をしながら歩けます

ここからくらがり渓谷の入り口になります。

歩道はこんな感じなんですね(^^♪

木々の下と川のせせらぎを聴くだけで涼しさを実感してきますよ(^^♪

休憩基地を作ります

まず川が見下ろせる場所に荷物を置いて座れる場所を作ります。

観光案内所から歩いて7,8分の場所に休憩基地を作りました。

川に入ってみます

くらがり渓谷は男川の源流にあたる川です。足に水をつけるだけでも涼しいですね~

ここは夏休みの家族連れや子供たちで賑わっています。もちろんソーシャルディスタンスに気を付けて!

愛知県は現在自粛期間中で県をまたいだ移動が出来ないので、毎年訪れている長野県駒ケ根市にある太田川に行って遊んでこれない分、こちらで涼を取りたいと思ってきました。

川の真ん中に大きな岩があったりして、小さな滝になっているところを登ったりするところも楽しいですよ♬

浮き輪に乗ってプカプカ流されていくことも楽しいです👧

こんな景色を見られるだけでもヒヤッとさせてもらえてこの酷暑にはありがたいですね(^^♪

水の中はこのような感じ さわがにや小魚もいて網ですくっている人達もたくさんいましたよ(゜))<<

頭まで水に浸かると尚涼しくなります👧

昼食は湯を沸かして頂きました

くらがり渓谷は周辺にお店が3軒あります。ですがせっかくのこの自然環境なので、持参したSOTOの富士バーナーでお湯を沸かしてヌードルを頂きました♬

外で頂くご飯は美味しかったです☆

シャワークライミング

上流に向かってプチシャワークライミング(沢登り)をしてみました。

本格的なシャワークライミングをするのであれば、スウェットスーツにヘルメットやライフジャケットを着用してしなければなりませんが、くらがり渓谷のこの場所では大人同伴で少しずつ登っていける場所なので助かります。

こんな場所もあったりして娘も楽しそうです♬

ちょっと深さのある滝つぼであればこんな感じでも楽しめます。

初めてのくらがり渓谷でしたが、娘も私達も良い時間を過ごせたことに満足でした(^^♪

2020年8月のお盆を迎えようとしているこれからですが、連日猛暑日が続く恐れとコロナも収束の兆しもないまま現在の社会状況に入ってしまっています、健康状態を維持する為に予防と免疫力を高めておくことが大切です。

連休に入っているのに、この暑さと自粛ばかりだと気がめいってしまわれることもあるかと思います。

3密を避けながら涼しく過ごせる工夫をして、川の中を歩きながら体力をつけていくこの時間もありかなと思いました。

また休みの期間中にこちらに来て、涼みながら体力をつけて過ごしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする