ハーバリウムの材料をメルカリで購入し、初めて作りました♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク

娘が児童クラブから帰宅後、メルカリで購入した花材を使って、百香も前からしてみたかった、ハーバリウム作りを初めてしてみました👧

スポンサーリンク

ハーバリウムに使う道具や材料

ハーバリウムに使う花材

・ラベンダー、スターチス、千日紅、ラグラス、花かんざし、ヘリクリサム、アジサイ、かすみ草

メルカリで花材は準備しました。上の写真のように様々な種類のお花達が入ってくれていて、¥599円で購入させて頂けたので助かります。

ハーバリウムで使う花材は、一般的にはドライフラワーやブリザードフラワーを使うことが多いようです。

ハーバリウムに使うボトル

ボトルには角柱型や円錐型、雫型など色々な形のボトルがあります。初めてハーバリウムを作る場合、写真のように縦長のボトルを使った方が、花材の分量や全体のバランスを把握しやすく感じました。

ハーバリウムオイル

ハーバリウムオイルは、流動パラフィンとシリコンオイルという物があります。シリコン系のオイルの方が、着色料が溶け出しにくいのと、引火点が330度と高い為、発火の危険度が低くなるのでお勧めです。こちらも新品の物をメルカリで購入させて頂きました(^^♪

ハーバリウム作りに使う、あったら便利な道具

・ピンセット

・はさみ

・ハーバリウムオイルをガラス瓶に入れる際のロート

ハーバリウム作り方手順

ボトルにお花を入れていきます

ピンセットを使い、ガラス瓶のボトルに飾りたい花を入れていきます。ハーバリウムオイルを入れた際に、花と花の隙間が多いと浮き上がってくるかもしれないので、配置を考えながら入れています👧

ハーバリウムオイルをボトルに注いでいきます

花材の配置が整ったら、いよいよオイルを注いでいきます。初めてなので、ここだけパパもお手伝いします(^^♪

ボトルの注ぎ口が小さい場合には、ロートを使うと便利です。ゆっくりと注ぎます。2cm位オイルを注いだら停めて、また注ぐを繰り返していきます。

ボトルの縁ギリギリでなく、首の根本くらいまで入れていきます。注ぎ終わったら、3分ほどそのままにして、空気の泡が消えてくれるのを待ちましょう。

ボトルに栓をして、ハーバリウムが完成

ボトルにコルクの栓をして、ハーバリウムが完成です(*^▽^*)

向きを変えたりして、花の位置を確認してみてみます。ゆっくりオイルを注いだことや花の量も良かったようで、初めてにもかかわらず、花材浮くこともなく完成できました🌸

下からライトを照らしてみてもキレイです☆

完成したハーバリウムを見ながら、娘も満足な笑みです(笑)

完成した作品はインテリアのアクセントにもなるし、自信がついたらプレゼントとして贈っても、喜ばれそうですよね(^^♪

また季節毎にテーマを意識した花材で作ってみるのも良いかもです。

これからも花材が調達出来たら、時々家族で、ハーバリウム作りも楽しみたいと思っています♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする