みんなでサバイバル飯炊きに挑戦しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月12日(日)は楠村天満宮でボーイスカウト西尾第2団ビーバー隊とカブ隊の隊集会及び体験会がありました。

スポンサーリンク

ボーイスカウトの体験で来てくれたお友達も一緒に楽しく取り組みました

いつものように天満宮にお参りさせて頂きます。

この日は前半は体験隊集会でしたので、体験に来てくださっていたお子さん4人と保護者のお母さんたちも一緒でした。

空き缶を使ってサバイバル飯炊きの準備をします

サバイバル飯炊きは、家にあるアルミ缶を2つ使って飯ごう炊飯のようにしていきます。

近年は缶切りを使う機会って減りましたよね。この日缶切りを初めて使うお友達もいます。ビーバー隊のみんなも空き缶の上の部分を大人に教えてもらいながら、切り抜いていきます。

次は牛乳パックを燃料用に約1cm幅で短冊に切っていきますよ。牛乳パック約3枚分で1合のお米を炊くことが可能になります。

上の缶にお米を入れて、研ぎます

上になるアルミ缶に1合のお米を入れて割りばしでお米を研いで注いだ後、180mlのお水を入れていきます。

燃料に火をつけて、お米を炊いていきます

かまどの下の缶に先程短冊にした牛乳パックを入れて、火をつけます。10秒間隔で短冊を1枚ずつ投入して、火を絶やさないようにしていきます。子供たちが火傷しないように、保護者も一緒にお手伝いをしながらやっていきますよ。

煙とも葛藤しながら、火を絶やさないようにみんな頑張って炊いていましたよ(^^♪

約15分燃料を投入し続け、おおっていた蓋の銀紙がぱかぱか動き始めたら中を覗いてみます。水も無くなっていたら、缶を裏返して5分間蒸らします。そのあとあけてみるとこんなに美味しそうに炊き上がってくれていました。

カレーを盛りつけ美味しく頂きました

自分たちで炊いたご飯は本当に美味しいですね。娘もカレーのお代わりをしていました♪ 電気が無くても身の回りにあるもので、ご飯をたくことができるようにしてみる。ビーバーのみんなや体験に参加してくれたお友達にとって、良い経験ができたのではと思いました☆

らんらんいちご園でいちご狩りをしました

午後からは場所を変えて、 西尾市市子町(いちご町) にあるらんらんいちご園さんでいちご狩りをしました🍓

予約していた14~15時までの1時間が、いちご狩りのできる時間です🍓

高設で栽培されているいちごなので、イチゴが見やすいし、採りやすくなっています。

Mちゃんも大きくて美味しそうないちごをゲットしました🍓

ももかも美味しいイチゴをお探中👧

みんないちご狩り楽しんでいました♪

採ったイチゴはそのままでもよし、練乳やチョコレートにつけても美味しくお頂けましたよ🍓

ヤギさんと触れ合えます


らんらんいちごえんの外にはヤギも飼われています。



みんなも動物が好きなんですね♪

まとめ

体験集会に参加してくれたお友達と一緒にサバイバル飯炊きから始まり、楽しいいちご狩りまで、本当に盛りだくさんの一日となりました。娘も私たちもみんなと一緒に学んで楽しく過ごせた一日に感謝です(●^o^●)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする