さばの一夜干し・栄養満点の根菜汁

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日忙しいパパでも、簡単で美味しい料理が作れます♬

本日のパパご飯は「さばの一夜干し・栄養満点の根菜汁」を作っていきますね(*‘∀‘) 

スポンサーリンク

本日の材料(3人分)

頂いた銀杏も入れていきます。

【さばの一夜干し】

・さばの一夜干し(冷凍) 2枚

【栄養満点の根菜汁】

・さつまあげ 1枚

・ごぼう 50g ・里芋 230g ・人参 40g ・小松菜 1/4ワ

A(調味料を混ぜ合わせておく) ・出し汁 500ml ・塩 小1/3 ・しょうゆ 大1/2 ・みりん  大1/2  

前準備

【栄養満点の根菜汁】

さつま揚げ・・・薄切

ごぼう・・・ピーラーを使ってささがきにし、水にさらしておきます。

・人参・・・半月またはいちょう切り

・ほうれん草・・・ざく切り

銀杏・・・ハンマーで割れ目に軽くひびを入れます。

ラップを密着させてかけます。

電子レンジ600Wで約40秒チンします。

からと薄皮をむくと簡単に銀杏が食べられるようになります(^^♪

作り方の手順

【さばの一夜干し】

グリルに水300mlを入れアルミホイルを敷き、その上に魚を置いて焼いていきます。

我が家のIHコンロでは自動で17分位熱しますが、お好みで焼き加減を調整します。IHコンロでは14分くらいでふっくらした一夜干しが召し上がれます☆

さばの一夜干しが焼きあがりました(゜))<< 

香ばしい匂いがして美味しそうです♪

鍋にA(前準備で合わせた調味料)と小松菜以外の材料を入れて、蓋をして煮ていきます。火が通ったら小松菜を加えてひと煮します。

15分後にはこのように出来上がりました(^^♪

出来上がりました

娘とパパは大きい方のさばの一夜干しを半分にして頂きました👧

今回は里芋の皮をむいたり、ごぼうのささがきをしたり前準備に時間がかかりますが、忙しいパパでも約35分位で、栄養バランスの取れた晩御飯が作れることと思います(^^♪ 

今回使った食材にある銀杏の栄養にも注目です☆

銀杏(ギンナン)は栄養価が高い食材です

銀杏はでんぷん、カロテン、ビタミンCなどを含んでいます

ミネラルも豊富です

銀杏にはカリウムをはじめ、マグネシウムやリン、鉄など、骨を作るのに欠かせないミネラルを沢山含んでいます。

中国や日本でも、古くから民間療法で活躍しており、せきや痰、また、夜尿症にも効くそうですよ。

銀杏にはビタミンB6の作用を妨げるメチルビリドキシンという中毒物質が含まれており、食べ過ぎるとけいれんなどの中毒が起きるそうです。幼児のお子さんは特に解毒能力が弱いので、その点は注意していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする