あじのみりん干し・肉野菜炒め・なすとえのき茸のお味噌汁

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日忙しいパパでも、簡単で美味しい料理が作れます♬

本日は「あじのみりん干し・肉野菜炒め・お味噌汁」を作っていきますね(*‘∀‘)

スポンサーリンク

本日の材料(大人2人分)

【 あじのみりん干し 】

・あじのみりん干し  2切

いんげん(10g)

・ポン酢しょうゆ 小1/2

【肉野菜炒め】

・豚肉(四元豚コマ) 40g

[ア]・ 青梗菜(チンゲンサイ) 1株 ・玉ねぎ 小1個 ・人参 30g

[A] ・酒 小1/2 ・しょうゆ  小1/2  ・片栗粉  小1/2

[B] ・砂糖 1/2 ・酒 2/3 ・ しょうゆ  大2/3 ・ こしょう 適量

【なすとえのき茸と細葱のお味噌汁】

[イ] なす 1個 ・えのき茸 1/2袋 ・細葱 少々

・だし汁・・・500ml ・みそ 大1+1/3

前準備

【 あじのみりん干し 】

いんげん・・・さっとゆでる → 2~3等分に切る → ポン酢しょうゆであえる

【肉野菜炒め】

・玉ねぎ・・・くし形切り、人参・・・短冊切り

・青梗菜・・・ざく切り

・豚肉・・・ [A] をもみこむ。

【なすとえのき茸と細葱のお味噌汁】

・なす・・・いちょう切り、えのき・・・ざく切り

作り方の手順

【 あじのみりん干し 】

アジはグリルで焼き、最後にいんげんを添えます。

IHコンロの火力は中火で、17分位で焼きあがります。アジはみりん干しで初めから味付けしてあるものなので、グリル調理が簡単なところも助かります(^^♪

【肉野菜炒め】

パパはクイックアルミホイルをフライパンに敷いて、 [ア] を重ねて炒めます。 クイックアルミホイルを使うことによって材料の焦げ付きを防ぎ、一緒に炒めやすくなります。

一番下にある豚肉がじゅわーと音がしてきたら、一度混ぜて他の野菜も焼きあがるようにしていきます。 [B] を入れて味付けをしていきます。

【なすとえのき茸と細葱のお味噌汁】

だし汁で [イ] を煮て、味噌を溶かし入れます。

椎の実を煎ります

これなんだか分かりますか?そう椎の実なんです。神社の境内で落ちていたものを拾ってきましたよ♬

椎の実はボールに入れて水洗いします。水気をよくきっておきます。

殻が硬いのでキッチンばさみなどで軽く割れ目を入れてむいても良いです。

むいてそのままでも食べられますが、フライパンに入れて煎ってから食べるのも香ばしくて美味しいですよ。

こちらも完成です♬

塩を軽くかけて頂くと椎の実の甘さが際立ってさらに美味しくなります(^^♪

椎の実はビタミンCも成分に多く含んでいるのが特徴です。
ビタミンCの働きは、タンパク質の約30%を占めるコラーゲンの生成にも関与していますし、これからの冬の時期の風邪予防の対策にもなりますよね。

また、強い抗酸化力により過酸化脂質の生成を抑制し、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの予防効果もあります。発ガン物質であるニトロソアミンの形成を抑える働きもありますから、抗がん作用も期待できるんですよ。

出来上がりました

椎の実を入れなければ、忙しいパパでも約30分位で、栄養バランスの取れた晩御飯が作れることと思います(^^♪ 

椎の実を入れた皿の上にある白いものは、長芋をすったとろろになります。醤油を適量たらしてご飯にかけて頂きます♪

我が家が住んでいる幡豆町には愛知こどもの国などの自然豊かな公園も近くにあり、椎の実もたくさん落ちていたりしますよ。お子さんと遊びがてら、秋の味覚として椎の実のおやつを頂いてみてはいかがでしょうか?

本日の「あじのみりん干し・肉野菜炒め・お味噌汁」をぜひまた参考にして頂けたら嬉しく思います(*‘∀‘)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする