めちゃ燃えファイヤーDODに初火入れ、焼き芋も美味しく出来ました

スポンサーリンク
アウトドアを楽しむ♬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

めちゃ燃えファイヤーDOD の外観

パパ
パパ

先日購入したDODのめちゃ燃えファイヤーに初火入れをしてみました。付属品のテーブルを入れてもキャリーバックにコンパクトに収納できるところも良いですね。持ち運びやすく、収納する時や車の積載際する時でも、スペースを圧迫しないと思います。

パパ
パパ

焚き火台の底部に設けたロストルとよばれる2列に穴の開いた格子が見えています。ロストルは、薪を入れて長い時間燃焼させるので、耐久性の高い網になっていますよ。

パパ
パパ

頑丈でデザインも良いテーブルです。

ももか
ももか

DODの製品は、このウサギのロゴが可愛らしいよね🐰

パパ
パパ

あと側面に1列に付いている丸い穴のおかげで、二次燃焼を可能にするんだよ。空気の流れを二層に分ける特殊構造になっていて、取り込んだ空気は一次燃焼の熱で熱せられた壁面の中を通り、上部で可燃性ガスに吹き付けられることで、二次燃焼を引き起こします。

パパ
パパ

ロストルを外した状態で、上から眺めています。40cmの薪が入るサイズなので便利です。

パパ
パパ

焚き火をすると灰が溜まりますが、灰の処理は、この皿を引き出して処理出来るのでとても手軽です。灰は水をかけるか、3日間ほどは密閉した缶などに入れて、火の粉が残っていないようにして処分します。

パパ
パパ

今回この「めちゃ燃えファーヤー」を使って初火入れしていきます。

めちゃ燃えファイヤー さつまいも準備

パパ
パパ

さつまいもは水で洗って、キッチンペーパーに水分を含ませた状態で巻いていきます。

ももか
ももか

大きい方は、小さいさつまいもの3倍以上重さがあるね。

めちゃ燃えファイヤーの初火入れ

ももか
ももか

準備OKです。

パパ
パパ

着火剤代わりに松ぼっくりを5個端材の下にいれてあります。

パパ
パパ

牛乳パックに火を入れて、少しずつ火を育てていきます。

ももか
ももか

この日は風があったにも関わらず、炎がきちんと育ってくれています。

パパ
パパ

めちゃ燃えファイヤーの焚き火台の四方が風よけになっている点も、火が消えずにいてくれるんだよね。

ももか
ももか

火床がある程度出来上がったので、アルミホイルに包んだサツマイモ2つを入れていきました🍠

パパ
パパ

こんな感じで二次燃焼が始まりました。燃え始めは煙が出てきますが、それでも煙は少ないと感じます。

ももか
ももか

炎が安定してきたら、40cm薪を上に入れていきました。

パパ
パパ

40cmの薪を1本入れて45分後、まだこの1本でも火が残っています。風も強かったのにここまで長く消えずに持つ点にも驚きでした。まだ薪は燃え切らずに残っていますが、焼き芋の状態を確認したいので、外していきます。

ももか
ももか

ロストルに溜まった灰を灰受け皿の方に落としておきます。

パパ
パパ

灰受け皿を引き出せば、こんなに簡単に灰の処理ができてしまうんですね☆あとはめちゃ燃えファイヤーの温度が下がってくれたら片づけられますね。

めちゃ燃えファイヤーDOD  美味しい焼き芋ができました

ももか
ももか

いい感じの焼け具合になってくれました♬早く食べたいな💛

パパ
パパ

549gで30cmを越える大きなサツマイモでも、めちゃ燃えファイヤーで焼き芋を作ると、ホクホクに美味しく作ることが出来ましたよ☆

めちゃもえファイヤーDODを実際に初めて使ってみた感想

焚き火台「めちゃもえファイヤーDOD」を実際に使用して良かった点を、次のようにあげることができます。

・二次燃焼が出来るので、煙が少なく熱効率が良い。風の影響をほとんど受けずに、上に綺麗な炎が上がってくれます。

・焚き火台の下、テーブルの下に、軍手をした状態で手をかざしましたが、熱くない点も安全でした。

・40cmという長い薪でも切断せずにそのまま使うことが出来ます。

・端材と40cmの薪1本だけで焼き芋を作ってみましたが、きちんと火が通り美味しい焼き芋を作ることが出来ました🍠

・火力が強く、上手に火を調節すれば省エネでもあるので、他にも色々な料理や煮炊きにも使えて良さそうです。

パパ
パパ

これからの季節は寒くなるので、焚き火をしながら、綺麗な炎を眺められるのも楽しみです♬

コメント

タイトルとURLをコピーしました